医療機関だけが施術できるレーザー脱毛

脱毛法の主流となっているのが、光を当てて毛根を焼くことでむだ毛が生えないようにする方法です。その内、永久脱毛と言えるものとして、レーザー脱毛が注目されていますよね。単一の波長の光で熱を集中させて施術するレーザー脱毛は、それだけ威力が強いので、専門医だけが扱える脱毛法です。レーザーは黒系の色だけに反応するため、毛根だけに影響を与えるとされています。レーザーには、波長の違いなどで数種類あり、毛の根深さや毛の太さなどに合わせて使い分けがされます。出力が高い医療レーザーは、効果が高いのが魅力ですが、その分痛みを伴うこともあります。感じ方は人それぞれのようですが、痛みに敏感な人や皮膚に炎症が起きやすい人は、出力の弱い光での脱毛法を選んだほうが無難かもしれませんね。

サロンで主流の光脱毛とは

エステサロンや脱毛サロンで主流となっているのは、光脱毛です。光脱毛では、複数の波長を含んでいる光を広範囲にフラッシュさせます。レーザーと違い、出力は安全が保てる一定のところで制限されているため、専門医でなくても扱えるのです。レーザーほど強力ではないため、永久脱毛とはなりませんが、毛が生えるまでの期間が長く保てますし、生えてくる毛も細くなるため、自分で処理する手間を大幅に減らすことができるというメリットがあります。効果としては半永久脱毛となりますが、比較的痛みが少なく、肌への影響も穏やかであることが、光(フラッシュ)脱毛の魅力と言えそうですね。

家庭用の光脱毛器も人気!

人知れず脱毛を行いたい、好きな時に気軽に脱毛したい、などの希望に応えてくれる便利なアイテムとして、家庭用の脱毛器も注目されています。色々な機器が発売されていますが、やはり人気や評判が高いのは光脱毛器のようです。サロンでの施術に比べると効果は弱いかもしれませんが、費用が安く済むことや、自宅で気軽に処理できるのが魅力ですよね。また、家庭用のレーザー脱毛器も人気があります。こちらは医療レーザーのような永久脱毛ではありませんが、比較的効果が高く、徐々にむだ毛が生えてこなくなると言われています。家庭用であっても、光とレーザーを比べると、やはりレーザーの方が高い効果を感じる分、痛みもあるようです。痛みが少なく肌に優しいのは、低出力で複数ショット型の光脱毛器。敏感肌などの方には、効果が緩やかでもこちらのタイプが向いているかもしれません。いずれの方法も肌への負担が全く無いとは言えないでしょうが、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりするよりも、効果的な脱毛法と言えそうですね。

医療脱毛とは、医療機関でする脱毛のことです。エステサロンと違い医師が脱毛をしてくれるので安心して施術を受けられます。